ベルジュバンスサロン,レガロ,サロンメニュー

  • レガロ,ヘアエステ
  • レガロ,フットエステ
  • 弱酸性美容法,ウェーブ
  • 弱酸性美容法,ストレート
  • レガロ,メイキングカラー
  • レガロ,ヘアケア商品

トリートメントウェーブ(弱酸性ウェーブ)

 毛染めも同時にできる弱酸性のパーマ

ウェーブ弱酸性ベル・ジュバンスのパーマはヘアエステと同じ弱酸性ビューティーシステムで施術します。髪や皮膚と同じ弱酸性の薬液(トリートメントローション)を使うので、“ツン”する刺激臭がなく、髪を傷めません。さらに、ヘアエステと同じように頭皮もキレイにしながら、髪へのトリートメント効果も得られます。一般的なアルカリ性パーマとは区別して、弱酸性ベル・ジュバンスのパーマは「弱酸性トリ−トメントウェーブ」といいます。なお「弱酸性トリートメントウェーブ」と同時に毛染め(メーキングカラー)をしても髪や皮膚の自然な健やかさを損なうことがありません。施術を繰り返すほど髪は元気につややかになります。1963年「髪を健やかにするパーマ」として開発、認可されてから約50年、皆様に高い評価をいただいております。

 弱酸性ウェーブだから出せる「弾力性」と「自在性」

弱酸性のローションで健やかに引き締まる髪にテンションをかけ、ワインディング技術により「自在」なウェーブを作り、髪のタンパク質を損なわず生き生きとした「弾力」が生まれます。また、ロッドを巻いたままヘアエステと同じビューティーシステムで施術しますので、弱酸性ボーア効果で頭皮も髪もスッキリと気持ちよくなります。酸性ウェーブヘアはシャンプー後、ドライアーで乾かしながら、またはブラシでブローしながら簡単にスタイリングができます。

※弱酸性ボーア効果とはpHが弱酸性になると血管内に酸素が十分に放出され細胞に行きわたる作用

トリートメントウェーブ(弱酸性ウェーブ)

 繰り返すほど効果があるストレートパーマ

髪を健やかにして引き締める「弱酸性の特質」を最大限に生かして誕生したのが弱酸性のストレートパーマ、弱酸性ベル・ジュバンス「ソフトアシッドストレート」です。従来のストレートパーマはアルカリ性の薬液を使い、髪を伸ばす施術で高温のアイロンを使うため、髪への負担が大きく、髪を傷めてしまうのがこれまでの常識でした。「ソフトアシッドストレート」は髪と皮膚の生理的性質に合わせた弱酸性薬液で施術しますので、ジンジンしみる刺激や臭いがなく、髪が傷みません。「くせ毛」はしっとりと落ち着き、髪はつやつやになり、さらに頭皮も健康になります。また、従来のストレートパーマのように髪の回復を待ち3カ月〜半年といった間をおいて次の施術をするのではなく、繰り返し何度でも間隔をあけずに行うことができます。なお、「ソフトアシッドストレート」は髪に負担をかけない弱酸性トリートメントローションで施術するためストレート効果はゆっくり表れます。1回の施術でまっすぐな髪に変わる場合もありますが、くせ毛の程度によっては2回〜3回と様子を見ながら繰り返しかけてゆきます。施術を重ねることに髪とお肌に確実な効果が得られ、同時に毛染め(メーキングカラー)も行うことができます。

 ストレート効果の持続

弱酸性ベル・ジュバンス「ソフトアシッドストレート」は「くせ毛の強さ」や「毛髪」によって個人差はありますが、2〜3カ月くらいは施術時のストレートを保つことができます。新しく伸びてきた髪とストレートの境目は、従来のストレートパーマではその差がはっきりと出てとても気になる部分でした。「ソフトアシッドストレート」では、弱酸性効果により根元から毛先までが一本の髪としてしなやかになり、毛穴から新しく出てくる「くせ毛部分」と「自然な線(ゆるやかなライン)」でつながりますのであまり目立たなくなりました。