ベルジュバンスサロン,レガロ,サロンメニュー

  • レガロ,ヘアエステ
  • レガロ,フットエステ
  • 弱酸性美容法,ウェーブ
  • 弱酸性美容法,ストレート
  • レガロ,メイキングカラー
  • レガロ,ヘアケア商品

トリートメントウェーブ(弱酸性ウェーブ)

 髪を傷めないカラーリング

#弱酸性ベル・ジュバンスには、髪を傷めずにつややかに染めるカラーリング、ベル・ジュバンス「メーキングカラー」があります。カラーリングで多くの人が使っている永久染毛剤が、髪や皮膚を乾燥させるアルカリ性であるのに対し(毛染め成分が髪の内部まで入って発色します)、ベル・ジュバンスの染毛料は髪や皮膚のタンパク質を化粧水のように引きしめる弱酸性です(毛染め成分が電気的性質により髪の表面に吸着します)。「髪を絶対に傷めたくない」「脱色しないでカラーリングしたい」とお考えでしたら、髪と皮膚の生理に基づいた弱酸性ベル・ジュバンス「メーキングカラー」をお勧めします。

 

 髪にやさしいイオンの作用

弱酸性ベル・ジュバンス「メーキングカラー」は、染めたい色で一本一本の髪表面をしっかり包む方法です。元の髪色をアルカリ成分で脱色してから、染めたい色をを髪の内部まで入れる永久毛染めとはまったく違います。図のように弱酸性でプラス(+)の電気を帯びた髪の表面(キューティクル)に、マイナス(−)の電気的性質を持つ色素イオンが吸着・吸収されるしくみです。元の髪の色を消すのではなく、そこに重なるようにプラスする色が加わります。生きている元気な髪のまま染まるので、シャンプーや汗などで個人差はありますが数カ月で自然に褪色します。なお、染毛剤を髪の内部まで入れないベル・ジュバンス「メーキングカラー」では、ライトブラウンやイエローなど元の髪色とかけ離れた色の発色は不可能です。しかし髪の健康のためにはそのようなカラーリングはお勧めできません。#


弱酸性毛染めでは、自毛とはまったく違う髪色にチェンジできませんが、染め方を工夫した穏やかなイメージチェンジが可能です。カラーリングには、人それぞれ、年代によっても様々な楽しみ方があります。髪を傷めることなく染められ、繰り返すほど髪が扱いやすく、つややかになる弱酸性ベル・ジュバンス「メーキングカラー」を是非、お試しください。


ヘアケア/スキンケア商品